保険の基礎知識
Knowledge

ペット保険とは?

ペット保険とは

そばにいるだけで安らぎを感じ元気になれるペットの存在は、私たちの生活でかけがえのない家族の一員となっています。ペットも人と同じで年齢が上がるほど病気やケガのリスクが高くなります。近年は動物病院の施設数も年々増加傾向にあり、診察も受けやすくなってきています。しかしペットには医療保険はなく、病気やケガにかかる医療費が高額になる場合があります。可愛い大切なペットに万一の事態が起こったときのために備える保険がペット保険です。

ペット保険はどんな保険?

ペットには、私たち人間のように健康保険のような制度はありません。動物病院で受診する病気やケガなどにかかる診療費や治療費は自由診療になり、全額自己負担になります。近年では、医療の進歩やペットを飼う環境が良くなり、ペットの高齢化が進んでいます。それに伴い病気やケガのリスクも高まり、飼い主が負担するペットの医療費も膨らむ一方です。

ペット保険は、毎月保険料を支払い、病気やケガなどで動物病院を受診した場合、通院、入院、手術でかかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償することができます。長期にわたる入院や高度な治療が必要な場合には、思いもよらぬ高額の診療費がかかってしまいます。大切なペットのために、もしもの事態に備えておきましょう。

ペット保険の加入条件

ペット保険には、保険会社によって内容は違いますが、加入条件が設けられています。
原則として健康体であることが条件となり、生後から加入時に至るまでに、受けた手術や治療などの既往歴も内容によっては加入条件として影響することがあります。

初めて加入する場合には、ペットの年齢に制限があり、生後何日から満何歳までというように各社で設定も違います。

ペットの種類は、犬と猫を対象とする保険が一般的ですが、小動物や鳥類、爬虫類まで対応している保険もあり、ペットの大きさも条件として設定されることがあります

予防接種の有無や健康診断を受けて健康体であることを証明する書類や、個体識別のためのマイクロチップ番号など、書類の提出を求められることもあります。