保険の基礎知識
Knowledge

ペット保険の選び方について

ペット保険を選ぶときには、保険料だけで選ぶのではなく、さまざまな観点から検討することが大事になります。ペットの種類や年齢、補償割合や限度額などの、補償内容と保険料のバランスをよく考えることが大切です。加入前のケガや病気の状態など加入条件が設けられていることも多くありますので気をつけて見ていきましょう。

大切なポイントをご紹介していきますので、是非ペット保険を選ぶときの参考にしてみてください。

ペット保険を選ぶポイント

ポイント1:ペットの年齢

ペット保険に新規加入するには、年齢に上限があります。高齢になるほど病気やケガのリスクが高くなるので、上限を超えてしまうと保険に加入できないこともあるので注意が必要です。加入以降は、終身まで継続できる商品も多くありますが、ペットの年齢が上がれば、保険料も変わっていきます。

人からペットを譲り受けた場合など年齢がわからない場合は、動物病院で獣医師の判断による推定年齢を出してもらい、加入の際にペット年齢とすることができます。

ポイント2:補償の割合と限度額

ペット保険の補償割合は、病気やケガにかかった治療費のうち保険金として補償される割合です。保険会社によってさまざまな補償割合が設定されており、割合が高いほど受けとる保険金も多くなりますが、支払う保険料も高くなる傾向にあります。

 補償限度額は、通院・入院・手術の各補償に1日または1回に支払われる限度額が定められていることや、1年間をとおして日数や回数の限度や各補償を合計した保険金支払限度額が定められていることです。

ポイント3:保険金の請求方法

ペット保険の保険金請求方法には、大きくわけて「直接請求」と「窓口清算」があります。

直接請求は、動物病院に診療費の全額を支払い、後に保険会社へ保険金を請求する方法です。多くの動物病院が対応していますが、一時的に高額な診療費の支払いや、保険会社へ請求手続きを直接する手間があります。

窓口清算は、対応している動物病院であれば、診療費の支払いは補償割合分を除いた自己負担額の支払いになります。窓口で清算が済むので、保険金の請求手続きは必要ありません。

まとめ

ペット保険を選ぶには、ペット年齢や補償割合や限度額、保険金の請求方法といった大きなポイントを抑え、加入条件などをよく確認しましょう。各保険会社にはさまざまな保険内容が設定されていますので、保険料とのバランスをしっかり考えることが大事です。家族の一員でもある大切なペットの、もしものための保険です。ペットと暮らすライフスタイルや貯蓄に合わせて、自分やペットにとってベストなプランを選びましょう。